2008年06月16日

セービングアタック

■セービングアタック
セービングアタック(Saving Attack)は、相手の攻撃に耐えて、必殺の一撃を叩き込むテクニックです。
自分のキャラクターが地上にいるときに、中パンチと中キックのボタンを同時押し、そのまま押し続けると、自動でセービングアタック発動!
好きなタイミングでボタンを離してもOK!

セービング中は相手の攻撃を一発耐えることができて、さらに反撃のチャンスも!
ただし2回以上の攻撃や、「アーマーブレイク属性」を持つ一部の技や、投げ技は耐えることができません。

セービングアタックが決まれば、攻勢にでるチャンスです。
状況によりさらに追撃を加えることも可能です。
また、セービング動作中はダッシュ・バックダッシュでキャンセルも可能なので、時にはキャンセルすることも大切です。

■セービングアタックのレベル
膝崩し攻撃を決めると、相手を一定時間(ダウンするまでのあいだ)無防備な状態にすることができます。
ですので膝崩し状態の相手には、打撃や投げ技で追い討ちしましょう。

コマンドを持続すれば効果もどんどんと上がっていきます。
【例】
・Lv1 仰け反りダメージ(通常ダメージのみ)
※カウンターヒット時は膝崩し攻撃となります。
・Lv2 ヒット時に追い討ち可能な膝崩し攻撃
・Lv3 ガード不能攻撃 アーマーブレイク属性追加 ヒット時に追い討ち可能な膝崩し攻撃
※Lv3は押し続けて自動発動

■相手の攻撃を受け止めて反撃
セービングアタックの基本となる使い方。
攻撃を1発(1ヒット分)だけ受け止めることができるセービングアタックの性質を利用して、相手の攻撃にあわせタメ開始。
攻撃を受け止めた後、無防備な相手にセービングアタックを叩き込むことができます。
対空技の乏しいキャラクターであれば、相手の飛び込みに対して対空技としても利用可能です。

■セービングアタックのリスク
非常に万能な性質を持っているセービングアタック。
しかし万能なだけではなくて、リスクももちろんあります。
そのリスクとは相手の攻撃を受け止めた際、体力に一時的なダメージを受けてしまうという所。
これをリカバリアブルダメージといいます。
(一時的なダメージはゲージが半透明で表示されます。)

このダメージは時間経過と共に回復しますが、回復途中に攻撃を受けた場合、体力の回復がそこで止まってしまいます。
ですので、体力回復中にはできるだけ相手の攻撃を受けないようにする必要があります。
セービングアタックばかりに頼ると、すぐに体力がなくなっていくので、使いどころが大切です。

スポンサードリンク
posted by ストIV at 18:42 | ゲーム攻略
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。